【冷製パスタ】

【カツオ、ウイキョウ、パッションフルーツの冷製カッペリーニ】

美味しいカツオが入荷したときのみ登場します。パッションフルーツの酸っぱさがいいアクセントになっております。

西麻布 冷製パスタ、イタリアン、雲丹、

【雲丹と和茄子の冷製カッペリーニ】

こちらは定番化してきております。一度揚げた茄子にアサリの出汁をしっかり含ませ、雲丹と一体化したソースとパスタをよく絡めます。雲丹クリーミーさに少量のシェリービネガーがアクセントになっております。

【ホワイトアスパラ、雲丹、蛤】

【ホワイトアスパラ、雲丹、蛤】

時々よその店に食べに行って、「これズルい」と思ってしまう料理に出会うことがある。つまり、「この食材合わせたら美味しいに決まってる」ていう料理。うちの料理は「素材感のある料理」、「今何を食べているのかしっかり感じられる料理」、を目指していますので、なるべくお皿の上は余計な物がないように気を付けている。
でもね、この料理、みんな主役級なのに、食べてみるとちゃんと「ホワイトアスパラ」が主役なんです。
特にアスパラは95度の蛤の出汁で15分かけてじっくり味を含ませているからか、一体感を出しつつアスパラの心地よい苦みを雲丹と共に際立たせてくれています。

【牛肉】

経産牛

最もチョイスが難しい食材…
黒毛和種、交雑種、US産、褐毛和種、など品種のほかに、部位によってもだいぶ味わいが違います。
今回は、イヤ、今回も、経産牛です。(黒毛和種で何回かお産を経験している雌牛)
枝肉で3等級のウチモモ、赤身でさっぱりですが、さすが経産牛、肉の味がしっかりで、いくらでも食べられそうです。

ドッピオグストのチーズ

チーズ
『カゼーラ社のチーズ』、イタリアでは珍しい、食べ頃まで熟成してから出荷してくれるチーズ屋さん、ドッピオグストオープンとともに取引を始めさせていただきましたが、今まで食べてきたのが「もったいなかったのでは?」と思わせるほど、
アミノ酸が増えているのでしょうか?中にはもっと癖があるはずのものがとてもマイルドだったり、新しい発見もあります。
ぜひご賞味ください。

やっぱりパスタ

料理を作っていて楽しみなのが、季節の移り変わりとともに、旬の食材が次々と登場することでしょうか?

今回は、富山のホタルイカ、熊本のアサリ、今治のチーマディラーパのスパゲッティです。

チーマディラーパはアサリのジュで柔らかく炊き上げ、ホタルイカは軽く潰してパスタに絡みやすくします。

旬の旨味がパスタと混然一体となった一皿です。